経験のなかった肌トラブルにどう対処する?

2016年5月2日

 

明日で閉鎖となります!

 

申し訳なさそうに係の人。

 

ついに避難所生活が終わりました。

 

母と自分の分、、、

2つのマットレス&毛布を取っ払い、
引き上げて来ました。(=゜ω゜)ノ

 

余震は昨日も30回を超えているのに、

な~んか熊本全体に、

 

もう大丈夫じゃないの?

 

って雰囲気が漂っています。

 

 

この先どうなるか、、、誰にもわかりません!

 

確実に言えることは、

 

・家を新築する時は「平屋」が一番いい!

 

ということです。(´・ω・`)

 

kumamoto_earthquake_houkai

 

他にも、、、

 

・マンションの高層階は恐ろしくて住めない!

・築30年以上の家は「崩壊の危機」目前!

 

といったことが挙げられるでしょうか?

 

「住む家」に対して考えることが、「夢」から「安全性」にシフトしたのです!

熊本地区ではこの考え方は、100年くらい先まで続くと思います。

 

 

お肌においても、、、

 

シミ

 

が突如として目立つようになると、
それまでの考え方が大きく変わります。

 

選択肢としては、

 

・シミそのものを消す(=皮膚科に行く)

・これ以上広がらないよう対策をとる
(=コスメの使い方&ファンデーションの見直し)

 

これ以外に、、、

 

・何もしない

 

というのもあります。( ゜Д゜)

 

「シミが目立つようになる」というのは、「シミが居座る」ということです。

10代・20代の時とは違う肌に変わった、という証拠でもあります!

 

この「かつてない衝撃」に対して、あなたはどういった行動を取りますか?

 

一番いいのは、吐夢にご相談頂くことかと。(*´▽`*)

 

 

【 追 伸 】

 

余震が全然落ち着いていないのですが、
本日をもって避難所が閉鎖となりました。

まだ避難が必要であれば、これからは
「町民センター」を利用するようにとのこと。

そこは当初、避難した人が
「イモ洗い状態」になっていた場所。

今は空いてるのかな?
万が一に備えてのぞきに行ってみるか?

 

▼唇のお手入れをしながらリップメイクを楽しむ!
http://www.u-honpo.com/wounderlip.htm

 

 


メール = soudan@u-honpo.com
FAX = 096-233-3753
電話 = 0120-828-220(電話代無料)