人にショックを与えるお化粧

2016年4月10日
カテゴリー: 全体のバランス, 化粧

shocking_make

な なんじゃこりゃ~!

 

いや、、、びっくりしました。

 

近くのショッピングセンターで、

「上りのエスカレーター」

に乗ろうとしたら、、、

 

 

「下り」だったのです!(;゜Д゜)

 

どうやら間違って、いつも利用する入口と
よく似た別の入り口から入ったせいでした。

考え事をしていたこともあって、す~っかり
「いつもの入り口」と思っていたのです。(^▽^;)

 

階段の波が上に向かっていると思い込んで、

ひょいと乗ろうとしたら、、、

その波が下に向かって流れていたわけです。

 

いや、びっくりしたのなんのって!

天地がひっくり返ったかと思いました。

 

自分が思い描いていたことと、
極端に違うものが目に飛び込んで来た時、

 

まさに、、、

すさまじい衝撃

が体を駆け抜けますね。(*´▽`*)

 

お化粧においても、

 

こんな時間に、こんな場所で、こんな年齢の女性が、

 

うわ!なんだこのアイシャドーは! とか、

うわ!なんだこの口紅は!

うわ!なんだこのファンデのぬり方は!

など、、、

 

ショックを受けるメイクを見かけることが、
たまにあります。(=゜ω゜)ノ

 

人間は常にバランスを
一定に保とうとする感覚が備わっているので、

あまりの「違和感」があるとそれに対応できません。

「衝撃」となって処理されるのでしょう。

 

ただ、女性にはその「違和感」を、、、

 

逆に楽しんじゃえー (^◇^)

 

という男性には理解できない素晴らしい感性があって、

狙ってそうしている

ってことも考えられます。

 

お化粧を楽しみながらのストレス解消

なのかもしれません。(*´ω`*)

 

 

【 追 伸 】

 

時間と場所・年齢などを考慮した、
「バランスの整ったメイク」と、
わざとそれを無視した「ショッキングなメイク」。

これら2つを適度に混ぜ合わせると、
面白いお化粧に仕上がるかもです!

 

▼[ 動画あり ]ワクワク感全開!ピンクの春メイク

内側から発色する超自然なピンク肌!「うつくしのピンク」を作りましょう!
http://www.u-honpo.com/2016_special_issue/2016_harr3_haru_no_make.htm

 

 


メール = soudan@u-honpo.com
FAX = 096-233-3753
電話 = 0120-828-220(電話代無料)