春の「ゆらぎ肌」の原因は一体何?

2016年4月3日

 

haru_yuragihada

 

謎の半ズボンオヤジ。

 

吐夢のことです。(=゜ω゜)ノ

 

ウォーキング&ランにおいては

もう長ズボンでは暑い感じなのです。

 

いよいよ「衣替え」して、

本来の姿(?)になろうかと考えています。

ふふふ、、、(^ω^)

 

あ!

 

でも時間帯によってはまだ寒いから、

両方準備して行こうかな?

(勝手にせい!)

 

さて、なにゆえこんな

どうでもいい話題を

取り上げたかと言いますと、、、

 

「衣替え」のシーズンになると、

肌トラブルが出る人が多くなる

ということを言いたかったからです。

 

あなたはいかがですか?

 

「夏になると肌トラブルが減る」

とも言われます。

 

これは一般的には、

「汗が出やすくなり皮脂の分泌がよくなるから」

という理由が上げられます。

 

でも本当にそれだけなのでしょうか?

( ゜Д゜)

 

もちろん夏は「紫外線」によるトラブル

は多くなるのですが、

 

「しみ」「しわ」などの

悩み相談が増えるのは「秋」からです。

 

通販化粧品の体験談に、

よくこんなのが紹介されています。

 

「何種類も化粧品を使っていた時より

これひとつで肌がしっとりしたような感じです」

 

昨年の夏、あるお客様が

こんなことをおっしゃっていました。

 

「毎日こんなに暑いと

化粧品を顔にぬる気もなくなりますね」

 

そうです!

「夏になるとトラブルが減る」という、

もうひとつの「答」はこれなんです!

 

つまり夏になると、

化粧品を使用する量が減る

わけです。

 

それと共に

「肌のトラブルも減る」のです。

 

化粧品の使用量が多いとトラブルが増える

化粧品の使用量が減るとトラブルも減る

 

「化粧品の内容が素晴らしい」

のではなく、

 

使用量が減ることで、肌が本来の

「新陳代謝能力」を取り戻す

ということが考えられます。

 

通販の体験談にあるように

「肌がしっとりした」

といった感触をもつのはそのためです。

 

「衣替えシーズンの肌トラブル」は、

 

・冬の間に使用した化粧品の量が多かった

・冬の間にお手入れをし過ぎて力を加え過ぎた

 

といったことから、

その様な結果を招いているようです。

 

「冬のお手入れ」は

「春のトラブル」につながりますし、

 

「夏のメイク」は

「秋の乾燥肌」につながるのです。

(*´▽`*)

 

 

【 追 伸 】

 

衣替えシーズンの「ゆらぎ肌」は、

「冬のお化粧」の結果の現れです。

 

「冬のお手入れ」は「春のトラブル」に、

「夏のメイク」は「秋の乾燥肌」へと

つながってゆくことを忘れないでください!

 

 

1weekbihada_bn1

 

 


メール = soudan@u-honpo.com
FAX = 096-233-3753
電話 = 0120-828-220(電話代無料)