今日のメークは誰のため?

2017年8月19日

 

 

実家に向かう途中。

 

車の列。

 

何?

保育園に子供を預ける、

親御さん達でした。

 

実家のそばまで来て、、、

 

渋滞してるなーと思うと、

だいたいこれ。

 

朝、皆が同時刻に一斉に

車で子供さんを登園させるので、

こういういことになるんですが、

 

近所に住む人達は

これがずっと続くわけですから、

かなーり迷惑!!!

 

車での送り迎えがほとんど

というのも、、、

 

熊本がいかに「車社会」か、

ということでしょうね!

( ゜Д゜)

 

田舎は「車無し」では、

生活が成り立たないのかも。

 

歩いて登園する

みたいな発想はないんでしょうか?

無理か、、、(;^ω^ )

 

親御さん達は色んな事情を

抱えながら、子育てに奮闘していて、

そこまで気を配る余裕は無いのかも。

 

以前、テレビのドキュメンタリーで、

福岡市の歓楽街=中州にある保育園

が紹介されていました。

 

母子家庭、父子家庭。

夫が単身赴任。

夫婦で日本料理店、夫婦で花屋、

 

など、、、

中州というエリアで生きる人達が

子育てをする姿が映し出されました。

 

色んな人生があるものです!

(=゜ω゜)ノ

あるシングルマザーの女性は、

 

彼氏はたくさんのオンナと

付き合っていて、私は大勢の中の

1人だったんです

 

だから自分一人でこの子を

育てようと思いました

 

妊娠中もその彼は金貸してくれと

言って来ていましたけど

 

と、笑顔でインタビューに

答えていました。

 

そして、夜の歓楽街で働く

ようになったんだとか。

 

保育園に預けた子供さんの

お迎えは、深夜1時過ぎ!

 

彼女のケースは、

 

若い頃の失敗が素晴らしい

「意味」を持つに至った

と、僕はそう見ました。

 

だってそのことで、子供を育て、

立派な大人に成長させるという、

 

「大いなる使命」が

与えられたわけですから!

 

自分の人生から、、、

あなたの成すべきことは何ですか?

と、問いかけられ、

 

「この子を立派に育てることです」

 

と、その答えがしっかりと

そこに在るのです。

 

それに気付くことができたら、

きっと人生を今以上に、

力強く生きることができるでしょう。

 

そのためには、ある程度、

自分のことを「引いて見る」

ということが必要になります。

 

運命に埋もれた状態では、

肝心なことを見逃してしまいます!

 

お化粧でも同じですよ。

 

あなたの今日のメーク。

それは誰のために、

そして何のためにおこなうのですか?

 

自分からの問いかけとして、

一歩引いた状態で考えてみてください!

(*´▽`*)

 

 

【 追 伸 】

 

「誰のためにお化粧をするのか?」と問われたら、

「自分のため」と答える女性はとても多いです。

 

しかし、メークアップというのは、元々が

ハリウッド映画から誕生したものですから、

 

「誰かに見せるため」に存在するものなのです。

そのことを忘れてはいけません!

 

 

 

 


メール = soudan@u-honpo.com
FAX = 096-233-3753
電話 = 0120-828-220(電話代無料)