吐夢への質問を迷っている方に

2017年8月8日
カテゴリー: 化粧

 

 

落ち込んでしまった

 

家族や友人がそんな時どうしますか?

 

どうやって励ましますか?

 

「励ましたつもりがかえって

相手を落ち込ませてしまった」

 

「よかれと思ってかけた言葉で

逆に怒らせてしまった」

 

そんな経験を持つ人も、

少なくないようです。

( ゜Д゜)

 

でも、落ち込んでいる人を

放っておくと、、、

 

孤独を感じたり、自信を失って、

これまでできていたことも

できなくなったり、

 

あるいは、そのストレスから

健康を損うケースも多いんですって!

(=゜ω゜)ノ

 

大切な人が落ち込んだ時、

良い方向に導く適切な方法は?

 

“励ましのプロ”と呼ばれる

ある著名な臨床心理士の先生

によると、、、

 

大事なのは、

聞き役に徹すること。

 

自分の意見を言う前に、

相手の話にじっくり耳をかたむける。

 

それが、気持ちや考えの整理に

つながるんですって!

 

この時、「友達なんだから」

「家族なんだから」といった、

 

親しい間柄だということを

再確認できる言葉を

投げかけることも大事。

 

あと、

あくまで自分の希望として

あなたの話を聞きたいんだ

 

と伝えて、相手が話を始めるまで

傍に寄り添ってあげる。

これだけでも大丈夫。

 

「いつでもいいから」と言って、

話すタイミングを相手に委ね、

本人の負担を減らすわけですね。

 

相手を思いやる、非常に優しい

接し方だと思いました。

 

吐夢のお化粧のアドバイスも、

ある意味「励まし」という見方

ができるかもしれません。

 

常日頃から、、、

お化粧についての質門がある時は

このメルマガに返信してください!

 

と書いていますが、

「なかなかできなかったのですが

思いきって質問してみます」

 

という書き出しでメールをくれる

読者さんも多いです。

結果的に僕のほうは、、、

 

ご質問をされる方が踏み切り点に

到達するまで「静かに待つ」という

態勢でいることになります。

 

そして毎日、あなたのお化粧に

優しく寄り添える存在でありたい

と、そう願いつつ文章を綴ります。

 

たまに厳しいこと書くんですけど、

 

そこはご勘弁を。(*´▽`*)

 

 

【 追 伸 】

 

「お化粧についてのお悩みをご相談ください」

と呼びかけていますが、毎日たくさんのメールが

来るかといえばそうでもありません。

 

このメルマガの読者層は、インスタグラムに

写真をアップして自分の存在を知らしめる、

といった類の人ではないようです。

 

だから、質問に踏み切るまでの助走が1年、

2年、時には5年と長い人も少なくありません。

それでも吐夢は、常に「待ち」の姿勢でいます。

 

聞かないでそのままにになっている“質問”は、

あなたがその気になった時、メールしてください。

 

どんな内容かとてもお聞きしたいのですが、

それまでは無理強いしません。

忘れないでください。僕はいつもあなたの味方です。

 

 

1weekbihada_bn1

 

 


メール = soudan@u-honpo.com
FAX = 096-233-3753
電話 = 0120-828-220(電話代無料)