ぱっと見てキレイかそうでないか

2017年7月25日
カテゴリー: 化粧

 

 

JK。

 

女子高生

 

のことですね。

 

先日、新聞にこんな

投書が掲載されていました。

10代の女性からです!

 

私はJKですが、オシャレや

化粧にまったく興味がありません

 

化粧は必要と言いますが、

 

自分の顔にありもしない絵を

描いて、外側を飾るだけのこと

に思えてなりません

 

なるほど~

そういう考え方も、

当然あるでしょうね!

( ゜Д゜)

 

続いて彼女は、、、

 

自分の顔に自信などない私ですが、

将来も化粧はしたくないと、

強く思います

 

化粧をしたくてするのは

分かりますが、したくない人も

化粧をしないと迷惑

 

そんな考え方を持つ

社会に出て行くのは憂鬱です

 

と、書いていました。

(=゜ω゜)ノ

 

男性から「化粧くらいしろよ」

と言われたら、、、

 

「あなたもね!」

なんて言えませんものね。

 

お化粧の何たるかをまったく

知らないくせに、男性も

ホントそういう考え方って

 

やめてもらいたい!

吐夢も強くそう思います。

 

そういう点ではこのJKの

女性と同じ考えです!

 

でも10代にして、、、

 

「化粧はしない!」と、

強く心に誓わせしめたのは

一体何が原因なのでしょうか?

 

そこが解らないのですが。

(;^ω^)

 

さて、日本の社会には、

「見た目重視の風潮」

があると言われています。

 

しかしながらこれって、

「動物の特性」

という言い方もできるのです!

 

すなわち、ある部分を素早く

認識することで、敵か味方か

を決める能力ですね。

 

敵ならば自分の身を守るため、

その場から逃げるか、もしくは

戦わなければならない。

 

だから「ぱっと見の能力」が、

備わったのでしょう。

 

そしてそれはおそらく、

日本人がかなり得意とする分野

なのかもしれません。

 

つまり、、、

社会がお化粧を促している

のではありません!

 

日本民族の特性や本能が、

「化粧くらいしろよ」

と言わせているのかもです。

(*´▽`*)

 

 

【 追 伸 】

 

「見た目」についてあれこれと研究することは、

お化粧を生業(なりわい)とする者にとっては

当然の義務かもしれません。

 

それが例え、人間の動物的本能から来るもの

だったとしても、それで片付けていいのか?

内面とのバランスをどう組み上げるべきか?

 

考えれば考えるほど、深い思惑沼に引きずり

込まれますが、これからもずっと続けてゆきます!

 

 

1weekbihada_bn1

 

 


メール = soudan@u-honpo.com
FAX = 096-233-3753
電話 = 0120-828-220(電話代無料)