おばさんくさいお化粧の解決法2

2017年7月21日

 

 

テレビで放映された

脱おばさんくさいメーク。

 

2回目の解説です。

( ^ω^ )

 

年齢と共に肌は老化します。

そして顔のパーツも老化します。

 

眉毛、まつ毛、唇などですねー

 

「眉毛の老化」ですが、

 

下側の毛が抜けて目と眉が

間延びする人が多いそうです。

 

日本人はもともと

眉と目の間隔が離れているので、

 

それがちょっとでも延びると

より平面に見えてかなり不利!

ってことですね。

 

「まつ毛の老化」は、

細くなったり短くなったりで

目力ダウン!

 

こういうのっておもに、

使っている化粧品に含まれる

乳化剤その他が影響してる

 

ということも言えますから、

根本的に解決するのは、

なかなか難しいかもしれません。

 

使ってるのを「やめてみる」

というのが一番なんですが。

 

「唇の老化」は、

たるみの影響で上唇が

少し痩せてくるそうです。

 

すると、鼻の下が間延びするので

老けて見られます。

いつも笑ってることです!

 

え?そんなの無理って?

確かに!

 

やりがちなNGメークというか、

なーんにも考えずに

普通にお化粧をしていったら、

 

顔が縦長に見えてしまう

という結果に陥ります。

 

そうならないためには、

 

見る人の視線があなたの

「目」に集まるようにする

 

というのが一番の方法です。

 

アイラインは

パープル系がおすすめ。

これは肌全体が黄ばんでいるから!

( ゜Д゜)

 

ペンシルタイプが一番描きやすい。

 

一本の線をひこうとせず、

まつ毛のすき間を埋めるように描く

というのがポイントになります。

 

 

まつ毛は

 

マスカラ下地でハリとコシを出し、

マスカラはまつ毛の上側にも

しっかりぬると「厚み」が出ます。

 

眉は緑(カーキ・オリーブ)系

のシャドーで大まかにぬります。

 

注意点は眉の下を描き足して、

太く、短く、ストレートにする

というもの。

 

最後にブラウンかグレーの

眉ペンシルを上から重ねて完成!

 

唇メークは

透明感のあるカラーがおすすめ。

 

濃い色だと意識がそっちに

引っ張られますからね!

 

下唇はあいまいにぬります。

 

きっちりぬりは逆に痩せて小さく

見せてしまいます。

 

テレビ番組では、、、

 

上唇は両脇が若干太くなるように

スティックでそのまま気楽に描く

 

紅筆は使用しない

って言ってましたが、

それはちょっと危険過ぎますねー

 

だってスティックでそのまま

ベーっとぬると口角が下がりやすく

なりますもん!

 

でも、時間が無い人は仕方ないかも。

 

以上、参考になれば幸いです。

 

 

ご質問などありましたら、

このメルマガに直接返信してください。

(*´▽`*)

 

 

【 追 伸 】

 

あなたを見る人の視線が「目」に集まれば

「若返りメーク」となります。

 

それは年齢と共に、顔が縦に間延びするから。

 

ではアイメイクの中で最も重要なのはどこか?

それはやはり「眉」かもしれません。

 

ここが美しく仕上がるのとそうでないのでは、

印象が大きく変わります。

 

▼おばさんくさいお化粧の解決法1

http://www.u-honpo.com/wp_content.php?p=2436

 

 


メール = soudan@u-honpo.com
FAX = 096-233-3753
電話 = 0120-828-220(電話代無料)