美しくなるための選択肢が多過ぎませんか?

2017年7月23日

 

 

あなたの置かれた環境。

 

今、どんなでしょう?

 

自然災害の被災地だったり。

大都会だったり。

 

あるいは、外国かもしれません。

(=゜ω゜)ノ

 

フランスのある哲学者によると、

 

そうした「環境」こそが、

あなたの「職業」に色濃く

反映される、というのです。

 

このメルマガを1本書くのに

普通だと約2時間を要します。

 

「毎日これだけの文章を書くのは

大変ではありませんか?」

 

読者の方からたまにそういった

コメントをお寄せ頂きます。

 

確かに、ネタを集める作業や

メルマガを仕上げるプロせスは

決して簡単ではありません。

 

懸命になってこなします。

時には必死!(;゜Д゜)

 

でもそれが既に習慣化

しているので、、、

 

「苦」というほどではない

段階になっています。

10年以上も書いてますから。

( ^ω^ )

 

そして、昨日ふと思いました。

 

自分は「何かを書く」という作業が、

すごく向いているのではないか?

 

それは「好き」とか「嫌い」

というのではなく「天職」に

近いニュアンス。

 

こんなに続けて来られたのが、

何よりの証拠です。

 

「習慣化する」ということで、

やがて「これは自分に向いている」

というところまで達したのでしょう。

 

あなたも今、ご自分が置かれている

環境から生じた仕事や、

 

そしてそのお立場だからこそ

興味を持たれた吐夢のアドバイス。

 

これらを迷うことなく、

実行し続けてみてください。

 

すっかり習慣化した時、きっと

深い部分が見えて来るはずです。

(*´ω`*)

 

ちなみに哲学者は、

こんなことも言っています。

 

選択する自由は不孝の元

 

色んなものが多種多様にあり過ぎて、

どれを選択したらいいのかわからない!

 

つまり「選択の自由」が多過ぎる

からこそ迷路にはまり込むわけです。

 

お化粧においても、、、

 

あれもこれもそれもと

コスメや美容法に興味を持っても、

 

まず冷静に「絞り込む」というのが

今や、最優先課題です。

 

そうしないと、、、

 

なぜ美しくなれないのか?

あるいは、キレイになった

最大の要因は何なのか?

 

その因果関係が解らないまま、

 

毎日のお化粧を漠然としながら

続けることになるからです。

(*´▽`*)

 

 

【 追 伸 】

 

お化粧などできることならやりたくない。

 

あなたは本当に美しくなりたいのでしょうか?

今の肌を10年後も維持したいでしょうか?

問題はそれなのです。

 

イエスであれば、忙しい環境下であっても、

その中でお化粧を習慣化していかなければ

決して目標に到達することなどありません!

 

 

1weekbihada_bn1

 

 


メール = soudan@u-honpo.com
FAX = 096-233-3753
電話 = 0120-828-220(電話代無料)