おばさんくさいお化粧の解決法

2017年7月14日

 

 

おばさんくさいメーク。

 

凄い反響!

 

だったそうです。

先日テレビで放映された番組です。

( ゜Д゜)

 

どういうのかと言うと、、、

 

中高年向けのお化粧には、

「3つの老けポイント」が

あるんですって!

 

1.配置老け

トシをとると口が下がり眉が上がる

=顔が縦長になる

 

これ、確かにありますねー

同窓会に出席した時、、、

やけに顔が間延びしてしまったな

 

という印象の同級生がいましたよ。

男性でしたけど。(=゜ω゜)ノ

 

対策としては、、、

下がった口を強調してしまう

派手な口紅は避ける

 

アーチ型の眉はやめて、

まっすぐ、太く、短く描く

 

など、間延びした印象を

与えない工夫が大事です!

 

2.シワ嫌い

シワを隠そうと厚くぬると

余計に目立つ

 

まーこれは当然ですね。

 

立体感がメチャクチャになり、

見る人の目が先にそっちに

いっちゃいますから!

 

だからシワの気になる部分は

できるだけ薄くぬって、

明るめのパウダーをサッと加える

 

というくらいがおすすめです。

 

3.肌の黄ばみ

肌色に合わない

色白メークは老けて見える

 

トシと共に肌が黄ばんでくるので、

白いファンデやパウダーを

ぬってもお化粧が浮いてしまう

 

ということですね!

 

ベースに「オレンジ色」を

使用するといい

と紹介されていました。

 

そうやって、メークの浮き

をおさえるわけです。

 

あと、チークを入れる場所を

今やってる場所より

 

「これちょっと上過ぎない?」

というくらい上の場所に入れると

マイナス10歳肌!

 

以上、あなたも今日から

実践してみてはいかがでしょうか?

 

ご質問などありましたら、

soudan@u-honpo.comまでどうぞ。

(*´▽`*)

 

 

 

【 追 伸 】

 

メークがおばさんくさく見えるのはなぜか?

老化によって「顔が縦に間延びしてしまう」

ということがテレビで紹介されていました。

 

「年齢より若く見える人」というのは、

イコール「童顔」というケースが多いです。

 

つまりこれは「顔が縦長に見えない」

ということを意味しています。

 

さらに詳しく言うと顔の「スペースバランス」

によって、印象が変化するということです。

 

額の部分にスペースが多く感じられると、

「童顔」に見えるとされています!

 

 

1weekbihada_bn1

 

 


メール = soudan@u-honpo.com
FAX = 096-233-3753
電話 = 0120-828-220(電話代無料)