毎朝のメイク、こう考えよう!

2017年7月4日

 

 

禅寺修行。

 

年間1000人以上。

 

受け入れているお寺が

京都にあります。

 

テレビで紹介されてました!

(=゜ω゜)ノ

 

人気の秘密は参加の気軽さ。

一泊数千円から好きな日数で

申し込めるとのこと。

 

プチリセットしたい現代人が

後を絶たないんですって!

 

修行生活は朝5時から夜10時。

食事作法、座禅、清掃など。

 

思った以上の過酷さに、

少しショックを受けるようです。

 

月に数千万稼ぐことがあった

という元ホストの若者が、

 

「無の境地を手に入れたくて」

と修行に来ていました。

( ゜Д゜)

 

よほど色んなものを

手に入れたんでしょう。

 

だからこそ「無になりたい」

ということでしょうか?

 

結果がどうなったのかは

わかりません。

 

住職さんの話だと、、、

 

ここに来て自分の問題が解決する

というのはないと思います

 

一度荷物を降ろして生命力を高め

そしてもう1回その荷物を持って

自分の人生を生きていくという

 

峠の茶屋みたいな所です

 

ですって。

なるほど~

まさに「プチリセット」!

 

修行を申し込んだ人では、

若い女性がかなりの割合を

占めていました。

 

皆スッピンだったようですが、

「お化粧禁止」みたいです。

 

撮られたくない人には「ボカし」

がかかっていましたし。

 

朝おこなうメイクをある意味

「修行」と捉える吐夢としては、

少し納得がいきませんでした。

(;^ω^)

 

キレイにお化粧して座禅を

組んだほうが、、、

心もスッキリしそうですけどね。

 

「毎朝のリセット」

 

と考えてはどうでしょうか?

(*´▽`*)

 

 

【 追 伸 】

 

吐夢の場合は「化粧道」という言葉を

使っているくらいですから、お化粧を

「尊いもの」と見ています。

 

しかし禅寺などでは、「俗世のアカ」

みたいに捉えられるようです。

 

僕の見方とお寺の捉え方は、いささか

「両極端」の様な感じがします。

中間くらいに考えるのがいいでしょう!

 

 

1weekbihada_bn1

 

 


メール = soudan@u-honpo.com
FAX = 096-233-3753
電話 = 0120-828-220(電話代無料)