よく寝たら朝のメイクがキレイに仕上がるか?

2017年6月20日
カテゴリー: メイクアップ, 化粧, 角質層

 

 

寝酒。

 

1杯だけ。

 

それが2杯になり、、、

3杯、、、4杯

 

って、いつ寝付くんかい!

(;゜Д゜)

 

そんな経験ありませんか?

え?習慣化してる?

 

よくありませんねー

よくない理由は「寝酒」が

睡眠を浅くするからです!

 

僕は快眠のために、実のところ

「いい」と思ってました。

(;^ω^)

 

でも、、、

少量の場合だと興奮性の

作用があるから眠れないし、

 

習慣化して酔いに慣れると

つい量が増えて、肝臓などの

内臓疾患に陥る恐れが

 

と、まったく

おすすめできないそうです!

 

先日、睡眠に関する特番が

テレビで放送され、

 

専門の先生方が

そう解説していました。

 

「睡眠負債」というのを

抱えてしまうと、、、

 

ガン、認知症、仕事効率、

 

あらゆる面でマイナス!

とのこと。

 

特に日本人は「休むのがヘタ」

なので、睡眠時間を今より

もっと長く確保する

 

というのが急務みたいです。

 

ところで、、、

「美しいメイクを仕上げる」

ことと「睡眠時間」には

 

さほど深い関係性はない

と思えるのですが、

 

昨夜はよく眠れたから

お化粧のノリがいいわー

 

といったセリフを

よく耳にするような気もします。

 

たぶん「よく眠れた日」

というのは、

 

昨夜おこなった基礎化粧

が、いつもとは少し違っていた

と考えられますからそのせいかと。

 

通常よりも夜のお手入れの

アイテム数が減ったり増えたり

したことが関係しているのでしょう。

 

あと「眠そう」とか「シャキッとしてる」

といった表情の問題ですね。

「目力」に影響しますから!

 

ただ、お化粧の一番奥座敷に鎮座する

「肌」が、睡眠負債によって、、、

 

パフォーマンス能力が著しく低下する

 

ということはあると思います。

 

「肌のパフォーマンス能力」

というのは「角質層のバリヤ機能」

以外のなにものでもありません!

 

なのでやはり、、、

お化粧においても、

 

「睡眠」を見直したほうがいい

のは確かですね。(*^▽^*)

 

 

【 追 伸 】

 

昨夜よく寝たからと言って、メイクが

「一段階美しく仕上がる」ということは

通常では考えられません。

 

睡眠時間の長短で、仕上がりがそこまで

左右されるようなお化粧は、

 

日頃から非常に不完全なメイクが

習慣化していることの表れです。

 

かといって「睡眠負債」が積み重なると、

肌のパフォーマンス能力が低下します。

 

すなわち「角質層のバリヤ機能」が

著しく奪い去られるのです!

 

 

1weekbihada_bn1

 

 


メール = soudan@u-honpo.com
FAX = 096-233-3753
電話 = 0120-828-220(電話代無料)