『色気』を意識してみませんか?

2017年6月15日

 

 

京都・祇園(ぎおん)。

 

もちろん行ったことありません!

 

特別な人だけしか行けない、

まさに「異空間」です。

 

芸妓さんや舞妓さんが

お座敷に出かける時間を狙って、

「出待ち」がたくさんいます。

 

そのほとんどは、、、

YOU!!!

外国人観光客です。

( ゜Д゜)

 

「ゲイシャ~」

とか言いながら、

 

スマホやタブレットで

彼女達を撮りまくり!

これ、、、どうなんでしょう?

 

吐夢とかつて縁の深かった、

ブライダルの世界

結婚式・披露宴での花嫁は、

 

以前はお約束のように

和装の時は日本髪のかつらを

かぶっていました。

 

そしてお化粧は、、、

ほとんど「舞妓さん」の

様な白塗りが主でした。

 

日本髪と着物とのバランスが

最高の状態になるからです。

 

すでにそのやり方は主流

ではありません。

 

・かつらって変!

・黒髪が重い!

・着物?布団着てるみたい!

・白塗りがイヤ!小梅太夫?

 

う~ん

「時代の変化」です。(;^ω^)

 

花嫁が主役である以上、

そういった意見に従うのも

仕方ないことでした。

 

しかしながら、、、

男性が女性に

色気を感じるのはどこか?

 

と問われると、

 

◎着物を着た時のうなじ

◎黒髪のおくれ毛

◎すだれのようなまつ毛

 

を挙げる人が多いのは

どういうことでしょうか?

 

日本人男性は、女性と違って

伝統にとらわれる

 

あるいは、

過去に縛られる

 

ということかもしれません。

 

女性のパワーというのは、

濃厚な日本文化を

現代風に変えてしまう

 

ということが確かにありますし、

それがとても上手です!

 

その一方で海外の人達は、

「日本の伝統的美しさ」

に心をときめかすのです。

 

何ともアンバランスで

面白いですよね!

(*´▽`*)

 

 

【 追 伸 】

 

男性の中には「より日本人的な美しさ」

に心ときめかすという人が多いので、

 

そのあたりをくすぐる化粧ができると

あの人のハートをゲットできるかもです!

 

 

1weekbihada_bn1

 

 


メール = soudan@u-honpo.com
FAX = 096-233-3753
電話 = 0120-828-220(電話代無料)