お化粧品を買ってしまう心理

2015年11月21日
カテゴリー: 化粧品業界

 

 

お客が居ない食堂。

 

自分が入ってしばらくすると、、、

 

あれ?急にお客が増え始めた!

 

ってことありませんでしたか?

あるいは、そんな人知りませんか?

 

そういう現象が起こると、

「自分は福の神なのでは?」

と思ってしまいます。

 

ご心配なく!

 

「大いなるカン違い」です。(^-^)

 

この「カラクリ」は一体、

どんな仕組みなのでしょうか?

 

ヒントは「コンビニの立ち読み」です!

 

これはアメリカの

著名な起業家が言うところの、

 

「Social Proof」(社会的証明)

 

と呼ばれる現象です。

 

あなたが「最初のお客」ではなく、

「次に入って来るお客」

の立場になるとすぐ解りますよ。

 

お店の中に人の気配が無いと、

 

「ここは全然流行っていない」

と不安になり足が遠のきます。

 

逆に駐車場に車が停まっていたり、

店内に人影が見えたりすると

 

「誰か入ってるから自分も入ろう」

と思わず入店してしまうのです。

 

確かに「福の神」と言えそうですが、

別の誰かでも同じ結果になるわけです。

 

コンビニではこの現象を、

積極的に活用しています。

 

本のコーナーが決まって

外から見えやすい場所

に設置されているのは、

 

立ち読みをしている人が多いと

お店が活気付いて見えるからです。

 

だから「立ち読み」ではなく

「座り読み」をしているお客は、

 

オーナーから

「立って読んでもらえますか?」

と注意されることがあります。

 

(外から人影が見えないと

一銭の得にもならないので)

 

ファミレスの客席も、

 

窓の方から自然に埋まっていくように

デザインされていますし、

店員がなるべくそのように誘導します。

 

 

【 追 伸 】

 

「この化粧品はあまり売れてません」

と言われるより、

 

「10秒に1個売れています」

と言われるほうを、

思わず買ってしまうのも同じです!(^-^;

 

 

1weekbihada_bn1

 

 


メール = soudan@u-honpo.com
FAX = 096-233-3753
電話 = 0120-828-220(電話代無料)