数百万本も売れているコスメ

2017年5月30日
カテゴリー: 化粧品業界

 

 

ランチ・ビュッフェ。

 

熊本の有名ホテルで。

 

先日、母と一緒に行って来ました!

 

お客さんの数は少なかった

ものの、なかなかの内容。

 

かなり美味しかったです。

(=゜ω゜)ノ

 

途中、パスタを始め、

海老フライなどのお皿が

 

あっという間にスッカラカンになって、

その後の補充がなかなか出て来ません!

 

一人の女性が、、、

 

『90分』って時間を区切ってる

くせに料理が間に合わないって

どういうことよ!!!

 

と、突っ込んでおられました。

その方のおっしゃる通り!

 

店長さんは平謝りです。

ちょっと可哀想。(゜Д゜;)

 

でもお金払っているんだから

仕方ないか、、、

 

半年くらい前に行った今回とは

別のホテルのランチ・ビュッフェは、

 

お客さんが多く、

料理の品数もかなりありました。

 

皿が空くこともなかったのですが、

でも、な~んか

心に残るものが無いというか、

 

要するに、、、

味が今イチだったわけです!

(^▽^;)

 

味がいいからお客さんが多い

 

ということではないんですよね。

 

これって「熊本ラーメン」

でもよくあります!

 

いっつも行列ができているお店

があるので、、、

 

ここはそうとう美味いんだろうな

と、並んで食べてみると、

 

だいたい期待を裏切られます。

(ノД`)・゜・。

 

行列ができる店=美味い店

 

という公式が「正しい」と

感じさせるお店には、

ほとんど巡り合っておりません!

 

お化粧品も同じですよね。

 

何百万本も売れているコスメ

=内容にこだわった高品質コスメ

 

という公式は成り立ちません!

 

吐夢がおすすめしているのは、

 

数百本しか売れていないコスメ

=手間をかけて作ったスローコスメ

 

ですけど、

この公式ってどうなのか?

ちょっとビミョーな感じもします。

(;^ω^)

 

まーとにかく

 

品質の高いコスメ

 

に巡り合うことは、

なかなか難しいってことです。

 

こんなに情報が溢れているのに!

不思議ですよね~

(*´▽`*)

 

 

【 追 伸 】

 

一般的に「この化粧品はあまり売れていません」

というものより、「何百万本も売れています!」

というコスメのほうが信用度は高いようです。

 

いいものを作っていても、それが売れなければ

「下町コスメ」のように会社は倒産します。

 

「矛盾の極み」のようにも思えるのですが、

ビジネスの世界はそれほど厳しいということです!

 

 

1weekbihada_bn1

 

 


メール = soudan@u-honpo.com
FAX = 096-233-3753
電話 = 0120-828-220(電話代無料)