メイクがブサイクに仕上がる人の対処法

2017年5月23日

 

 

ある女性の悩み。

 

性格がネチネチ。

 

今さら変えられそうにない!

何かいい方法はないですか?

 

先日、新聞にそんな質問が

掲載されていました。

 

友人から、、、

ネチネチした性格だよね、

そう言われたんですって。

(;゜Д゜)

 

他人が自分に

ムカついたことをすると、

 

一生許さない!とばかりに

しつこく何度もそれを思い続け、

 

相手に対し神経質になって

執拗に『あら探し』をする

 

とのこと。

 

評論家の方が、

こんな回答をしていました。

 

広範囲に聞き込み調査をしたら、

人類の四分の一は

ネチネチした性格だった

 

なので気にしなくていい!

 

(どんな調査したんだよって)

 

でもまー世の中には、

ネチっこい人って確かに多い!

吐夢もそう思います。

(=゜ω゜)ノ

 

アメリカのある著名な起業家

のアドバイスに、、、

 

私達は「過去の失敗」を、

より具体的に思い出す習性がある

 

だから「成功体験」のほうを

常に思い起こすよう訓練すること

 

というのがあります。

 

でないと、、、

 

マイナスのイメージばかりが

先行してしまうというのです!

たしかに。(。-`ω-)

 

ただし!「過去の過ち」には

一体どんな意味があったのか?

 

人間にはそれを見つめ直し、

「再構築する能力」

があるんですって!

 

失敗体験は、実は「学びの機会」。

 

否定的なことの裏側には

必ずと言っていいほど、

肯定的なことが存在している。

 

だから、建設的なフィードバック

を得るチャンスでもある

 

とのこと。

 

深いですね~

かなりのプラス思考です。

 

この考え方は、、、

お化粧にも応用できます!

 

メイクがすごく

ブサイクに仕上がった

とします。

 

それはなぜそう見えるのか?

ひょっとすると、、、

 

あなたが勝手にそう思っている

だけかもしれないのです!

 

「ブスに見える確固たる理由」

が見い出せなければ、

 

簡単に「失敗メイク」という

結論を出すべきではありません。

 

誰かに見せて、その反応を

観察すべきです。

 

一番いいのは、スマホで撮って

吐夢に送信するという方法。

 

的確なアドバイスが返って来ます。

ほぼ容赦なし!

 

でも美意識って、、、

 

そうやって養ってゆくものです!

(*´▽`*)

 

 

【 追 伸 】

 

メイクアップの見習いだった頃、

よく言われたのが

 

もっと思いきってファンデーション

をぬってごらんなさい!

 

という言葉でした。

自分が「ぶ厚い」と思っている量は、

実際には全然厚い量ではなく、

 

修行を開始した頃はなかなかそれが

理解できないのです。

 

「なぜ厚化粧はそう見えるのか?」

 

その感覚と理論を、失敗しながら

しっかりと身に付けてゆくわけです。

 

 

1weekbihada_bn1

 

 


メール = soudan@u-honpo.com
FAX = 096-233-3753
電話 = 0120-828-220(電話代無料)