無理をしないで自分らしさ全開!

2017年5月18日

 

 

シュール。

 

つげ義春。

 

水木しげるのアシスタントでした。

 

表舞台にほとんど出て来ない

伝説の漫画家さんです。

 

朝ドラ「ゲゲゲの女房」では、

小峰章がその役を演じました。

 

現在、79歳。

この30年、新作を描いていない

(というかほぼ引退状態)

というのに賞を受賞されました。

 

日本漫画家協会賞コミック部門大賞

 

ですって!

 

放浪癖があって、うつ。

夢で見た光景を、

自分の作品に昇華させる。

 

そこに高い芸術性が伴う。

 

草間彌生さんもそうですが、

私達の感覚では遠く及ばない、

何と言いますか、、、

 

神に選ばれし者

 

という感じの人です!

 

僕も夢を見ますけど、、、

メイクアップに反映されるような、

そんなものではありません。

( ゜Д゜)

 

やっぱ天才って、脳自体が

吐夢の様な凡人とは違うのでしょう!

 

つげさんは現在、

ご長男と二人暮らしで

生活に追われる日々とのこと。

 

新聞の電話インタビューで、

 

ありがたいことに作品が

繰り返し再版されるので、

何とか食いつないでいます

 

今後も描くということは

考えておりませんし、

 

このまま終わってしまっていい

と思っています

 

と、語っていらっしゃいました。

 

「このまま終わってしまっていい」

って、そんな人生を送れる人が

この世にどれくらいいるでしょうか?

 

スローライフ

 

と呼べるような生き方。

 

だから、才能のある人達が

こぞってつげさんを崇めるんですね。

 

どれも高度成長期の

真っ只中で産み出された作品

でありながら、

 

リアリズム シュール

夢で得たヒント

難解なストーリー

 

う~ん、、、

 

ある意味、痛快ですよね!

(*´▽`*)

 

 

 

【 追 伸 】

 

ファストフード。大量生産。

時短。オールインワンコスメ。

 

どれもそれなりに意味があり、

世の中に大きく貢献しています。

 

では、スローライフ。少量生産。

手間暇をかけることの意味は?

 

どうして3ステップ、5ステップの

コスメではいけないのでしょうか?

 

吐夢はビューティー業界をそんな

目で眺めながら、自分の「化粧道」

を追い求めていきたいです!

 

 

1weekbihada_bn1

 

 


メール = soudan@u-honpo.com
FAX = 096-233-3753
電話 = 0120-828-220(電話代無料)