こんな時こそメイクの気合い!

2017年5月12日

 

 

平均寿命80歳超え!

 

中高年、元気ですよね。

 

でも吐夢が体験したように、、、

 

知らぬ間に

病魔が忍び寄っていたり、

突然の災害に襲われたりします!

( ゜Д゜)

 

その「もしもの時」に備えて、

自分の「エンディングノート」

を書く人が増えているんですって。

 

僕の母も「自分史」

みたいなものを書いています。

 

インターネットを介して仕事

をするようになって早や15年。

 

あと15年経ったら、

吐夢も「70歳」です!

 

ひぇ~

 

たぶん、まだバリバリ仕事

しているでしょうけど、、、

 

やっぱエンディングノート、

必要かな?なんて考えますよ。

あなたはいかがですか?

 

ところで!

 

「遺影をどうするか?」

 

というのを気にする人は

意外に多いようです。

 

写真屋さんに頼むと、

1~2万円くらいで撮影して

くれるそうですから、

 

そうやって準備しておく

のもいいでしょう。

吐夢も何度か頼まれました。

 

でもせっかく撮った

その写真も、、、

 

遺族が「なんか本人じゃないみたい」

とか言って、全然違う写真を

使ったりするのです!

 

「エンディングノート」は

遺言書とは違いますが、

 

「写真屋さんで撮ったものを

遺影に使うこと」

 

とそこに書いてあったら、

 

本人の希望だからこれでいこう!

 

ということになります。

 

さて、、、そうやって、

 

自分がいなくなった時のこと

をあれこれ考える

 

というのは、まさに

「自分と向き合う」ことになり、

 

その準備が「生きる気力」

にもつながっていきます。

 

なので、そういう人は

 

さらに長生きすると思います。

(*´▽`*)

 

 

【 追 伸 】

 

あなたのお母様はおいくつですか?

キレイでいよう。オシャレをしよう。

 

その感覚は70代~80代の場合、

「女だから」という言葉では

片付けられないほど違う意味があります。

 

「生きる気力」と「美しく装う行為」

は、同義語と考えられるからです!

 

 

1weekbihada_bn1

 

 


メール = soudan@u-honpo.com
FAX = 096-233-3753
電話 = 0120-828-220(電話代無料)