日本人のメイクvs.アメリカ人のメイク

2017年4月23日

 

 

コントゥアリング・メイク。

 

これ、ご存知です?

 

メイクのハイライト部分と

影の部分を強調する

 

というのをさらに進めて、

 

・顔の輪郭

・まぶたの奥行き

・鼻の高さや大きさ

・額やほほの出っ張り

・あごのスマートさ

 

こういった部分を、より

積極的に際立たせる化粧法です。

 

以前、インスタグラムで

海外のアーティストさん達と

盛んに交流している時、、、

 

顔に「落書き」したみたいな

写真をよく見かけたんですが、

 

それが、コントゥアリング。

 

外国では、、、

 

ハイライトと影を駆使するメイク法

が一般化しているのかな?

 

と思ったものです。

 

「外国」とはおもにアメリカ。

 

ヨーロッパ諸国では、

ファンデーションを

あまり使用しないようなので、

 

コントァリング・メイクは、

やはり「ハリウッド映画」に

その原点があるのかもしれません。

 

でも、ハリウッドの著名な

メイクアップ・アーティストが

以前、、、

 

日本の女性は

ファンデーション塗り過ぎ!

 

って言ってました。

( ゜Д゜)

 

えーそうかな~

 

化粧師としての立場からだと

「アメリカのほうがもっとでしょ!」

と言いたくなるんですが、

 

なんで日本人は「ファンデが厚め」

に見えるのか?問題はそこです。

 

元々、凹凸が少ない顔なのに、

 

今日ご紹介した「コントァリング」

みたいな意識は、アメリカに比べると

非常に低い!(=゜ω゜)ノ

 

なので、、、

 

ファンデが単なる平べったい

「塗り壁状態」に陥っている

 

ということが言えるかもしれません。

 

それゆえに、少ない量でも

「厚塗り」に見えるんですね。

(´・ω・`)

 

超めんどくさい手法ではありますが、

 

コントァリング・メイク

 

ご希望であればお教えしますよ。

挑戦してみますか?

(*´▽`*)

 

 

【 追 伸 】

 

「メイクアップ」というのは1930年代

のハリウッドで、マックスファクター1世

という男性美容師が発明した手法です。

 

日本古来の「白塗り」「赤と黒の色彩」

といった化粧法とは、別次元のもの。

 

映画女優がスクリーンに映し出される時、

より自然で美しい状態にすることが大前提

だったからです。

 

ハイライトと影(シェーディング)のスキル

をアメリカのセレブが多用しているとしたら、

やはり「さすが本家」と言わざるを得ません!

 

 

1weekbihada_bn1

 

 


メール = soudan@u-honpo.com
FAX = 096-233-3753
電話 = 0120-828-220(電話代無料)