理想的な大人の肌とは?

2017年4月9日

 

 

久しぶりにトースト。

 

何かぬろうっと。

 

あ、そうだ!

ハチミチがあったな。

 

ということで、久し振りに

取り出したら、、、

 

容器の中で白く固まってました。

( ゜Д゜)

 

これは、蜂蜜に含まれるブドウ糖

が結晶になった状態で、べつに

腐ったわけではないらしい。

 

容器ごとお湯につけて

温めると元通り。

 

トーストにとろ~りぬって

ん~ おいしい!!!

 

新聞に出ていた玉川大学の

科学研究センターの先生の話では、、、

 

食べ物が「腐る」というのは、

ある種の微生物が増えるからで、

増えるためには水分が必要とのこと。

 

だけどハチミツに含まれている

水分はたった約20%。

 

乾燥したするめやかんぴょうと、

同じくらいなんですって。

 

たいていの微生物は

増えることができないそうです。

 

ただし、年数が経つと風味が

落ちていくので、賞味期限は2年。

 

早めに食べるってことですね!

(=゜ω゜)ノ

 

大昔からハチミツは傷薬としても

使われていたそうなんですけど、、、

 

1歳未満の赤ちゃんに食べさせる

のだけはNG!

 

固い殻にこもることができる

ボツリヌス菌が眠っていることが

あるんですって。

 

まだ病気の抵抗力がない

赤ちゃんの体内で目覚め、

食中毒を引き起こすらしいです。

 

先日、東京・足立区で、

生後6ヶ月の赤ちゃんが蜂蜜入り

ジュースを飲んで死亡しましたが、

 

原因はまさにこれ。

 

「死亡」っていうのは、

初めてのことみたいですよ!

 

赤ちゃんの肌って、

ふわふわして柔らかい

ですよね。

 

でもこれは「未熟な肌」。

 

私達が目指すべき

理想的な大人の肌は、、、

 

しなやかで強く美しい肌

です!

 

もう少し具体的に言うと、

 

水分が充実していて

キメが揃っている状態

 

つまり、、、

 

くすんでなくて

触るとツルツルしてる肌

 

のことです。(*´▽`*)

 

 

【 追 伸 】

 

「赤ちゃんのような肌」をした

40代 50代の女性

 

そんな方にお会いしたことは、

残念ながらまだ一度もありません。

おそらくこの先も無いと思います。

 

赤ちゃんの肌は「未熟」そのもので、

それゆえに美しく愛しさも格別なわけです。

 

これに対し「大人の美しい肌」は、

日々衰える新陳代謝と向き合い、

自らが作り上げてゆくものです。

 

別次元にある「対極の角質層」

ということが言えます。

 

 

1weekbihada_bn1

 

 


メール = soudan@u-honpo.com
FAX = 096-233-3753
電話 = 0120-828-220(電話代無料)