ハリ肌をくすみ肌に変えるもの

2017年4月4日

 

 

熊本地震で流行った言葉。

 

『断捨離(だんしゃり)した』

 

です。

 

メチャクチャになった家の中。

それをどうするか?

 

「片付ける」というよりも

「捨てる」という選択肢のほうに、

比重を置かざるを得なかったのです。

 

思い出の品物もたくさん。

でも、、、とにかく捨てる!

 

「断捨離」という言葉を使うことで、

少しだけ心にユーモアの風

みたいなものが吹いたのかも。

 

言葉の音の感覚も、

 

「だーん!しゃり!」

と、何だか震災っぽいですしね。

(^▽^;)

 

コンマリさんの有名な

「ときめき整理術」

というのがあります。

 

家中の服を集め、捨てるかどうかを

「ときめくかどうか」で選ぶ方法。

 

そういう基準で判断すると、

気持ちよく捨てられるそうですが、

 

熊本地震ではもはや、

その様な「ときめき」の余地無し!

 

早く片付けなければ

いつまた大きな余震に

襲われるかわからない!

 

という「恐怖」があったからです。

で、、、熊本は「ゴミの山」。

 

こんなものまで捨てるか!

引っ越しかい!!!

 

と叫びたくなるほど、

電化製品や家具が山積みの状態。

( ゜Д゜)

 

きれいに片付いた熊本の各家庭。

その後、どうなったでしょうか?

 

いつの間にかまた物が増えている

 

ということらしいです。

信じられませんねー

 

あんだけ捨てたのになぜ?

もはや「自然に増殖している」

としか思えません。

 

これが、以前記事に書いたことのある

「エントロピーの法則」。

 

誰にでもあてはまる「自然の摂理」です。

 

「肌の新陳代謝」においても、

似たような現象があります。

 

「古い細胞」が次から次に

湧き出て来るのです。

最終的に「アカ」になります。

 

実はこれ、、、

ほったらかしにしておくと

最後は剥がれるのですが、

 

ある一定期間「蓄積する箇所」

があって、それが

 

・毛穴の開き

・ほうれい線

・ごわつき

・たるみ

・くすみ

 

へとつながるのです!

 

なので、一日のうちに湧き出て来た

「古い細胞」は、、、

 

できるだけ肌に無理なく、

スムーズに「断捨離」すべきです。

(*´▽`*)

 

 

【 追 伸 】

 

「メイクをしない日のクレンジング」

 

これをどうするか?に疑問に持つ人は

意外に多いようです。

 

毎日「古い細胞が沸き上がって来る」

ことを考えると、当然クレンジング

をおこなったほうがいいのです。

 

軽めの「プチクレンジング」か、

もしくは「ふき取り化粧水」の2度使用。

 

細胞の新陳代謝に無頓着でいると、

古い角質が停滞し、様々な「老化肌」

へと転じてゆくきっかけを与えます。

 

 

1weekbihada_bn1

 

 


メール = soudan@u-honpo.com
FAX = 096-233-3753
電話 = 0120-828-220(電話代無料)