メークし過ぎて逆にブス

2015年9月3日

 

 

時をかける少女

 

と言えば 原田知世!

 

この名前が浮かぶ人は

おそらく僕と同世代だと思います

 

吐夢はこの映画、、、

見てません(^-^;

 

でもその後、、、

「時をかける少女2010」

というのが公開され、

 

こっちは観に行こうかな~

と思ってましたが

結局行きませんでした ぷ!

 

この映画で主役を演じた

 

仲 里依紗(なか りいさ)さん

は長崎県出身で当時二十歳

 

映画の宣伝を兼ねて

九州のインタビュー番組に

出演していたのですが

 

その中で

 

自分の生まれた町にはコンビニが

ひとつしかなく服を買うお店も

すごく少ないからイヤだと思ってた

 

でも東京に出てみたら

あまりにものがあり過ぎて

逆に何だかさびしく感じた

 

と話していました

 

人やものがあり過ぎて逆にさびしい、、、

なるほど~ ピュアですね

 

似たようなことを

ある著名なデザイナーが言ってました

 

デザインの世界には

かっこよ過ぎてかっこ悪い

っていうのがあるんですって、、、

 

おもしろい言葉ですよね

「かっこいい」というのに

なぜか「かっこ悪い」のですから

 

これをお化粧に置き換えますと

 

メイクし過ぎて逆にブス

 

ってことになりますか?

 

「今日は勝負の日!」ということで

やたらメイクに気合いが入って

 

盛り過ぎ!

 

というパターンや

 

もともとキレイな顔立ちなのに

さらに念入りにお化粧したもんだから

 

ニューハーフ?

 

って仕上がりになる人のことです

でも気持ちはわかります(^-^)

 

ちなみに吐夢の場合は

 

オッサンし過ぎてさらにオッサン

 

オヤジ化が止まりませーーーん\(^O^)/

 

 

PS:

 

「メイクし過ぎて逆にブスになった」

という失敗例をよく耳にします

 

これはメイクのみにしか目がいかず

髪や服や持ち物などとのバランスが

完全に壊れているからこその結果です

 

気合を入れ過ぎてトータルバランス

を見落とさないようにしましょう!

 

 

1weekbihada_bn1

 

 


メール = soudan@u-honpo.com
FAX = 096-233-3753
電話 = 0120-828-220(電話代無料)