なぜメイクが上手くないのか?

2017年3月6日

 

 

バアちゃ~ん

 

昼めしのおかずな~ん?

 

小学生の時の吐夢が、

土曜日に帰宅したと同時に

発する第一声はまずこれ、、、

 

するとバアちゃんが、

いかにも面倒臭そうに

 

からし蓮根(れんこん)たい!

 

と返事する、、、

 

これくらいに熊本では、

 

生活の中に溶け込んでいる

郷土の食べ物。

 

それが「からし蓮根」です!

 

この妙な(?)食べ物は、

今から400年くらい前に、

 

あるお坊さんが病弱の

お殿様のために考え出したのが、

その始まりらしいです。

 

まず、蓮根は体によい。

さらに何を思ったかこの坊さん、、、

 

その穴に「辛子味噌」

をつめ込みました。( ゜Д゜)

 

その蓮根に衣をつけて、

油で揚げて完成!

 

ものすごい発想です。

(=゜ω゜)ノ

 

蓮根と辛子味噌の

ほどよい調和が食欲を増進し、

酒の肴(さかな)にも最適!

 

でも、この「ほどよい調和」

ってのがむつかしく、、、

 

「美味い!」

 

と思う辛子蓮根には、

地元でありがなら

なかなか行き当たりません。

 

こないだ近所のスーパーで

買ったものは、

 

辛子味噌が強烈過ぎて、

口から「火」を吹きそうでした。

(; ・`д・´)

 

後日、その売り場で

クレームを言ったところ、、、

 

マヨネーズつけて食べればよか!

 

ですって。(;-`ω-)

 

化粧においても「ほどよい調和」

って、とても大事です。

 

  • 基礎化粧と本化粧(=メーク)の調和
  • ファンデーションとパウダーの調和
  • ファンデの色とポイントカラーの調和
  • 服や靴・アクセ・髪や爪の色との調和

 

など、たくさんあります。

 

自分の化粧を会った人の記憶に

とどめることは大事です。

 

ただ、、、それはあくまで、

あなたの「全体像」としての記憶

でなければいけません!

 

「何か今日の彼女

すごいアイラインだったなー」

(ひと重の人のアイライン)

 

「目の下だけえらく明るかったなー」

(クマを気にする人のコンシーラー)

 

「殴られたような目だったなー」

(アイシャドーのぬり過ぎ)

 

このように、、、

「調和」を意識しないと、

あるパーツだけが目立って、

 

それだけが記憶に残ります。

ご注意くださいね!

(*´▽`*)

 

 

【 追 伸 】

 

調和を失ったメイク。

 

どこかが突出したお化粧をすると、

そのパーツばかりが目立ってしまい、

それしか印象が残らなくなります。

 

「真っ赤な口紅」など、突出して

その効果を狙う方法もありますが、

失敗する可能性も高いです。

 

自分の全体像を見ながら、バランス

を意識することが大事!

 

 

1weekbihada_bn1

 

 


メール = soudan@u-honpo.com
FAX = 096-233-3753
電話 = 0120-828-220(電話代無料)