朝のメイクをする時に注意する点

2017年3月5日

 

 

キレる老人に遭遇。

 

車の運転中。

 

おっちゃんは自転車。

 

フラフラして僕の車に

ぶつかりそうになりました。

 

こちらは停車していましたが、

「突然出て来た」

と、怒っているようでした。

 

ようでした、と書いたのは、

窓を閉めていたから。

(=゜ω゜)ノ

 

 

おっちゃん、、、

 

完全にブチ切れ状態。\(`Д´)/

 

叫んだら気が済んだのか、

急ぐ用事があったのか、

 

その後、すぐに

行ってしまいました。

 

後続車が何台もいたので、

こじれずによかった~。

(; ・`д・´)

 

「怒りをコントロールできますか?」

という質問のアンケート結果が、

新聞に掲載されていました。

 

「はい」と答えたのは62%。

「いいえ」が38%。

 

あなたはいかがですか?

 

千葉県に住む61歳の女性は、

 

「若い時に比べると

何でもかんでもイラつく」

 

とのこと。

 

 

38歳の東京在住の女性。

 

「怒り過ぎてチアノーゼが出て

頭部MRIをとったら脳梗塞(のうこうそく)

のような画像だった」

 

って、まじ?( ゜Д゜)

 

「怒り」をどうコントロールしているか?

という問いかけでは、、、

 

一番多かったのが、

「その場から離れる」。

その次が「深呼吸」。

 

これ、吐夢もやってます!

(*´ω`*)

 

「怒りにとらわれてしまった」

自分の状態を、、、

 

「あっちの世界に行ってしまう」

という言葉で客観視し、

 

深呼吸しながら、

辛うじてストップをかけています。

 

怒りがコントロールできない

その理由としては、、、

 

「我を忘れてしまう」。

 

その次が、

「怒りを相手に伝えたほうがよい」

 

ですって!

 

自分を見失うからこそ、

感情の赴くまま委ねるしかない

ということでしょうね。

 

怒ってメイクする人って

いないでしょうけれど、、、

 

もしも朝から嫌なことがあって、

機嫌の悪いままお化粧に向かう

という場合はくれぐれもご注意を!

 

「指先に力が入る」

「笑顔から遠ざかる」

「第三者的立場で自分を見れない」

 

などの悪しき問題点が出て来ます。

 

 

【 追 伸 】

 

機嫌が良くない時のお化粧には、

くれぐれもご注意頂きたいと思います。

 

まず、お化粧というのは

「笑顔を作る作業」だということ。

 

怒りにとらわれてしまったら、

本来のテーマから大きく違った

方向に行ってしまいます。

 

さらに意識が別の所にある状態なので、

自分のメイクが「完成した姿」を

客観視するのも難しくなります。

 

だから「美しい化粧」を作ることなど、

到底できるはずもありません。

 

 

1weekbihada_bn1

 

 


メール = soudan@u-honpo.com
FAX = 096-233-3753
電話 = 0120-828-220(電話代無料)