失敗しないアイラインの描き方

2017年2月24日

 

morisugi

 

有働由美子さん。

 

朝の顔ナンバーワン。

 

前回に引き続き、まさかの

連続NHKネタですみません!

( ゚Д゚)

 

昨日の「あさイチ」で、

相変らず彼女が面白かったので、

書かずにはいられませんでした。

 

今は「スッピンメイク」

が流行ってて、

 

それがちゃんとわかってるので、

有働さんは、アイラインを

薄く描いているそうなんですが、、、

 

だんだんやってるうちに、

 

「もうちょっとハッキリ」

「何か足りない気がする」

 

と、思うそうです。

 

で、描き足していって、

それで外に出ると、、、

 

「ビックリされる」

 

とのこと。

 

そ、そんなに?(;・∀・)

 

要するに「盛り過ぎ」なんですね。

あなたはいかがですか?

 

街ですれ違うと、

足を止めてしまうくらいに

 

「アイライン盛り過ぎ」

 

の女性、、、確かにいます!

 

それが40代・50代の人だと、

ちょっとビックリしますよね。

 

有働さんの発言は正しい!

(=゚ω゚)ノ

 

では、、、

 

「アイライン入れてます」

 

という感じにならないように

するにはどうするか?

 

アイラインひいたら綿棒でボカす

 

これですね~。

 

吐夢がメイクする時は、

ほとんど「ペンシル」ですけど、

 

リキッドタイプを使う時も、

必ず綿棒でボカしていますよ。

 

「半分消える」くらいで

ちょうどいいんです!

 

「ナチュラルに目力を出したい」

 

という場合は、時間を作って、

 

1.ペンシル

2.リキッド

 

という順番で描いて、、、

「綿棒ボカし」で三分の一

くらい、消してみてください。

 

これまでとは違った

美しいアイメイクに仕上がりますよ。

(*´▽`*)

 

 

【 追 伸 】

 

「盛り過ぎのメイク」とは、「バランス」を著しく

失っているお化粧のことです。

 

それには「ボカし」が最善の解決策。

 

「キワ」と呼ばれる部分がハッキリし過ぎると、

そのパーツが目立ちます。

 

その結果、相手の視線がそこに集中し、他のパーツに

目が行かず全体のバランスを崩すことになるのです。

 

 

1weekbihada_bn1

 

 


メール = soudan@u-honpo.com
FAX = 096-233-3753
電話 = 0120-828-220(電話代無料)