写真の自分を受け入れられますか?

2017年2月21日

 

 

自撮り。

 

わたしキレイ?

 

あなたは自分を撮りますか?

 

吐夢の場合、プリクラの経験

はありませんが、、、

 

ネットで情報をお伝えする身

でありますので、

 

「自撮り」は非常に多いです!

(特に動画)

 

先日、新聞に「自撮り」についての

アンケート結果が掲載されていました。

 

女子高生から熟年まで、

年齢層を幅広く調査したようです。

 

で、、、僕は、ほとんどの人が

自撮りしてると思い込んでいました。

 

ところが!

「自撮りしたいですか?」という問いに、

 

「はい」は、わずかに17%。

「いいえ」が83%!

 

という結果だったのです。

(=゚ω゚)ノ

 

でも、箸が転んでも自撮りしそうな

16歳の女子高生によると、、、

 

「どれだけうまく自撮りできるか

が評価のものさしになってます」

 

って、まじ?( ゜Д゜)

 

たかが「自撮り」と思っていたら、

ティーンの間ではそんなことに!

 

「自撮りが得意な子の周りには

『一緒に撮ってよ』と人が集まる

から友達が増える」

 

と女子高生。

 

「自撮り加工アプリ」

を、活用しているようです。

(*´ω`*)

 

54歳の女性は、、、

 

「夫と撮ったら老化で見劣りし

カメラの性能に追いつかない

現実があった もう撮りません」

 

とのこと。

 

旦那さんよりかなり老けて

映ったということでしょうか?

 

スマホの撮り方 や、

化粧の仕方

も関係してんじゃないかなー?

 

べつに撮影やめなくても、、、

ねー (´・ω・`)

 

あ、そうそう。

30代のOLさんをヘアメイク

して撮影した時のこと、、、

 

仕上がった写真がかなり

「ナチュラル」で素敵だった

にも関わらず、

 

彼女は僕がビックリするポイント

を指摘して来たんです。

 

それは、

 

「目の下のクマ」

 

でした。

 

それ、自然にできた

「陰影」じゃーーーん!!!

 

って思いましたが、

そのOLさんには、それが

許せなかったみたいです。

(^▽^;)

 

写真に映るというのは、

 

自分のイメージが裏切られ

「現実」を突き付けられる

 

ということが確かにあります!

 

でも、それに目をそむけず、

他人には自分が

こんな風に見えてるのか

 

と、冷静に向き合って、

メイクや表情を改善してゆけば、

 

美しさのレベルアップ

で、確実に貢献しますよ!

(*´▽`*)

 

 

【 追 伸 】

 

吐夢がこれまでにモデルさんに

ヘアメイクして写真撮影した枚数は、

軽く数万枚にのぼるかと思います。

 

実際にその中で「日の目を見た写真」

は、1%くらいでしょうか?

 

プロでもそういう割合なのです。

あなたが「一度の自撮り」で例え

自分にガッカリしたとても、

 

また何度もトライして「美しい笑顔」

をカメラにおさめたらいいのです。

 

 

1weekbihada_bn1

 

 


メール = soudan@u-honpo.com
FAX = 096-233-3753
電話 = 0120-828-220(電話代無料)