40代・50代のメイクに欲しいのはコレ!

2017年1月29日

 

wakamono

 

パネェ。

 

若者言葉ですね。

 

ハンパないって意味です。

これくらいはご存知でしたか?

 

ならば、、、

 

パイセン

はどうでしょう?

 

フロリダ

は?

 

最初のは「先輩」と、2つ目は

「風呂なんでLINEから離脱」

という意味です。

 

僕はそんなに好んで

使うほうではありませんし、

さほど詳しくも無いのですが、

 

以前から、

 

若者言葉は非常に面白い!

 

と感じていました。

 

だって、、、

僕たちが10代~20代の頃も、

 

同じように「自分たちの世代の言葉」

が存在していましたから。

(=゜ω゜)ノ

 

 

「チカレタビー」

「アッシーくん」

 

ほとんど死語ですけど。

( ゜Д゜)

 

時代のうねり(?)が産み落とす

 

そんな印象があるんです。

 

「今時の若者が使う言葉は」

と嘆く人もいるようです。

 

古くは「徒然草」の吉田兼好も

そういうことを言ってるくらいなんで、、、

 

改めさせようと思っても無理!

 

常に変化してゆくから

「言葉」なんでしょうしね。

 

お化粧も単に「表面」だけ見ると、

そういう「流行」が常に存在します。

 

新たに発明された化粧品

とかではなく、、、

 

若者による「新しい解釈」

 

といった感じのメイクです。

 

ほとんどが「アイメイクとチーク

をどう描くか?」ですけど、

 

その時代のファッションや髪型

とのバランスが色濃く反映される

といった傾向があるようです。

 

一方で、「ベースメイク」や

「美しさとは何か?」といった

「コア」な部分になると、

 

流行には左右されません!

 

「コア」を確立できていない

「若者」だからこそ、

 

時代によって作られたかの如き

「流行」が生まれるわけです。

 

40代や50代になったらどうか?

 

そこに来ても「コア」って、

全然築けてない人がほとんどです。

 

でも「キレイな人」ってそれを、

きちんと持っていらっしゃいます。

 

あなたはいかがですか?

(*´ω`*)

 

 

【 追 伸 】

 

「流行」にポーンと乗っかるのは、

「時代を知る」ということもありますが、

「ラク」ということも言えます。

 

片や「美しさの真の意味を知る」と

いうことになると何だか漠然としていて、

難しそうな感じがします。

 

ところが!短絡的な選択はその場での

快楽は享受できるものの、

 

長期にわたりあなたを熟成させる様な、

そんな質の高いものになり得ることは

決してありません。

 

 

1weekbihada_bn1

 

 


メール = soudan@u-honpo.com
FAX = 096-233-3753
電話 = 0120-828-220(電話代無料)