お化粧にかかる時間

2015年12月26日

昨日の朝、やたらと超マイペースな感じの
「軽」の車の後ろについてしまいましたー!

法定速度40キロを30キロで走ってます。

おっせーなー まじおせー

などと若者言葉でブツブツ言っていると、、、

急ブレーキ、、、まったく危ないったらありゃしません!

少し走るとやっと道路が2車線になったので ブイーン(←車のエンジン音です)。
ついに追い越しました。

その後ルームミラーでチラっと運転手の顔を見たら、、、
60代くらいの男性で運転しながら何だか「のーんびり」していらっしゃいました。

法定速度くらい守ってくれよなーまったく、、、

さて 急いでいる朝の貴重な時間。

あなたは自分の化粧に何分くらいの時間をかけますか?

僕はある美容師さんと組んで、花嫁の和装から洋装への「チェンジの時間」を
徹底的に短くすることに挑戦していた時期がありました。

最高で「7分」を記録したので、その時はあまりの早さに婚礼会場の人から

「こっちにもダン取りがあるんですから!」

と苦情を言われたものでした。

僕が「化粧時間短縮」で心がけたのは、

どれかひとつの手順を短くする

のではなく、

すべての手順をちょっとずつ可能な限り短くする

という手法でした。

あなたがもしも、

自分の化粧時間をもっと短くしたい!

と思うのであれば、一度「化粧手順」を全部メモ用紙に書き出してください。

それをじっくり眺めてゆくと、ここはもっとこうすれば時間を短くできるな・・・
という部分が見え始めてきます。
(頭で想像してもなかなかわからないですよ)

例えば、コットンやティッシュなどは

あらかじめ使う分を出しておく

とか

化粧品を使う順序で右から左に並べて置いておく

などの「並べ方」から

乳液・美容液・クリーム・日焼け止めなどの中からどれかひとつ省く

アイシャドーやほほ紅の仕上げ(←あくまで仕上げ)
は仕事をスタートさせる直前におこなう

という「ある一部分の省略」など、

できることはいろいろあります。

アイシャドーブラシやチークブラシを替えただけでも、
時間の短縮につながるかもしれません。
(↑ぜひうつくしのメイクブラシをご検討ください!)

でも実際のところ、いちば~ん時間を短縮できるのは・・・

ファンデーションをぬる時に
同じ箇所を何度も何度も行き来していないか?
(↑トラブルにもなりやすいしそんなだったら地肌が見えますって)

という「技術のマスター」だったりします。

「のーんびり」化粧するのもいいんでしょうけどね!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「化粧時間」を短縮しようと思ったら、
自分の化粧手順をメモに書き出して段取りをあれこれ検討してみましょう!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼ どんなに塗っても「薄付き」にしか仕上がらないアイシャドー
http://www.u-honpo.com/eyemake.htm


メール = soudan@u-honpo.com
FAX = 096-233-3753
電話 = 0120-828-220(電話代無料)