印象の残るオンナになる!

2016年9月17日
カテゴリー: 全体のバランス

 

 

朝から金メダルのニュース。

 

 

なかなかモチベーションが上がります。

 

銀メダルや、、、

 

愛ちゃんの銅メダルも同じくらい感動!

 

メダルを取る取らないに関わらず、

鮮烈な印象を残す選手もいます。

 

さらに、、、

 

選手でもないのに応援で、

やたら注目を浴びる観客もいます。

( ゜Д゜)

 

今朝の放送では、

 

ちょんまげのヅラをかぶった人が

テレビに映っていました。

 

日本人が不思議がられるので、

やめてほしいです!(;´Д`)

 

「リオ五輪」で印象に残ったのは?

 

と聞かれると、

 

ちょんまげの応援

 

と答えるくらい、

イメージ的にインパクトありますし。

 

そういうヘアスタイル(ヅラですけど)

や衣装が目立ち過ぎると、、、

 

顔の印象

 

ってかなり薄くなります!

 

あとで思い返しても、

ボーっとしか記憶を呼び起こせません。

 

これがいわゆる、

 

コントラスト効果

 

です。

 

昨夜の山鹿灯籠祭りでも、

カラフルな浴衣に、巨大な飾りを頭上に配し、

通りを歩く少女達がいました。

 

おそらく、地元の小学生の一団かな?

 

「少女」なのでお化粧はしていません。

 

すると、コントラスト効果が働いて、

顔の印象って何も残らないのです。

 

こういう時はお母さんが、

 

ちょい白めのファンデーション

 

+ フェイスパウダー(お粉)

 

を、わずかでもいいので

顔にぬってあげると、全然違うんですが。

 

主役は「浴衣」や「飾り」ではなく、

あくまで「少女達」なのですから。

 

あなたも、ヘアスタイルやファッションを

頑張り過ぎてメイクの印象が薄い!

 

ということはありませんか?

 

暑いので、お化粧するのにひと苦労

かもしれませんが、

 

ぜひご注意ください。(*´▽`*)

 

 

【 追 伸 】

 

ヘアスタイルや服装とのバランス。

お化粧の仕上がりを考える時は、

これらの一体感を常に考慮すること。

 

出来上がった自分の姿のを、

「ファイナルイメージ」と呼びます。

 

最初にそれを頭に思い描くのが、

うまく仕上げるためのコツです。

 

化粧師・吐夢のメルマガにご登録ください!

 


メール = soudan@u-honpo.com
FAX = 096-233-3753
電話 = 0120-828-220(電話代無料)